負担も小さい手術

ビフォーアフター

横顔の印象も変わる

顔にメスを入れる手術を行わなければ、顔を小さく見せる事ができないと感じている方々に最適なのが、口の内側から切開手術を行う小顔矯正です。口の中にメスを入れると聞くと、痛みが強そうだと感じてしまう人もいるかもしれませんが、皮膚を切開する範囲はそれほど広くはありません。ダウンタイムは一ヶ月ほどかかりますが、腫れが出てから短期間で痛みが取れたおかげで、完治するまで大きなストレスは溜まらなかったという人も多いです。現代の治療技術であれば、アゴの整形手術なども簡単に行えるようになっていますから、痛みが苦手という人にも小顔矯正はおすすめできます。ボトックス注射のように、皮膚を切開せずに顔を小さく見せる事ができる、小顔矯正の手術も人気が高いです。傷口を目立たせない手術が増えているからこそ、気軽に手術を依頼しやすくなったと口コミでも話題になっています。顔のエラを小さくする整形手術を受ける事によって、顔を前から見た時だけの印象だけではなく、横顔の印象もスッキリするのが大きな魅力です。横顔を美しく見せたいと考えている女性は、横顔が綺麗に見えるように顔の形を整えてほしいと、クリニックでカウンセリングを受けている最中にお願いをしてください。体脂肪が増えると顔にも脂肪が増えてしまい、顔が大きく見られてしまう事があるので、顔をスリムに見せるためにダイエットを行うという人も多いです。しかしダイエットを続けていても、上半身と下半身の脂肪ばかりが減っていき、顔がスリムに見えないという例も珍しくありません。それはダイエットのために運動を続けているうちに、顔の筋肉が発達してエラなどが大きくなってしまい、顔全体の印象を変えているためです。顔のエラは自力で小さくするのは難しいですから、美容整形クリニックで受けられるボトックス注射などの、筋肉を縮小する効果のある小顔矯正を頼ってください。骨自体が大きいせいで顔が大きく見えてしまっている人は、骨の一部を削る手術を受けるだけで、コンプレックスを解消できます。顔の骨を削ると聞くと怖く感じるかもしれませんが、人間の骨というのは分厚い部分が多いので、少しばかり骨を削っても問題は発生しにくいです。体液の流れの悪化によって、顔のむくみが起きているせいで顔が大きく見えている人は、リンパマッサージを繰り返す事で改善される事があります。顔の筋肉のたるみが原因で皮膚が垂れてしまい、顔が大きく見えている時には、たるみを改善できる小顔矯正の手術を受けてください。

女性

フェイスラインをすっきり

美容外科ではさまざまな小顔矯正を受けることができるので、自分に合った方法を見つけることが大切です。クリニックを選ぶときはホームページなどで症例数や医師の経歴を確認し、カウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。

詳しく見る

カウンセリング

脂肪吸入と脂肪溶解注射

フェイスラインに脂肪が付いている場合は、脂肪吸引や脂肪溶解注射で小顔に矯正できます。脂肪溶解注射はダウンタイム不要ですが、脂肪吸引後はサポーターなどで顔を圧迫しておくことで、より早く小顔効果が実感できます。

詳しく見る

医者

超音波でたるみ引き上げ

メスを入れなくてもたるみを引き上げて小顔矯正ができる治療器があります。超音波治療器は皮膚の深部に熱を加えることでコラーゲン繊維を縮めて、SMASという表情筋膜から引き上げることが可能です。若干痛みは伴うものの、ダウンタイムは不要です。

詳しく見る

顔に触れる女性

顔を引き締める様々な方法

理想の小顔に引き締めるための小顔矯正はマッサージなどのサロンで行われるもの、ボトックスなどの美容医療を利用するものなど様々な方法があります。施術を受ける際はその内容や効果の持続時間、施術に掛かる時間は良く確認しておきましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 小顔矯正でスッキリとした印象【クリニックで受けられるボトックス】 All Rights Reserved.